もう20年か・・・

DQ懐古厨が延々「独り言」を語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQコンサートin京都へ行ってまいりました。

8/29にドラゴンクエストスペシャルコンサート(京都コンサートホール)に昨年に引き続き、行って参りました!!
新作の発売年でのコンサートは今後にあと何回あるかわかりませんので、今年は何としても行きたかったので嬉しいのなんのって!!

さて、クラシック素人の私がえらそうに感じたことなんかを語っちゃいますよ!!ossan

・すごい数のすれ違い・・・いえ、DSでした。ほとんどの人がDSを手に持っていて、さらには過半数の人がDSを開いている!!もう、ここぞとばかりに!!去年のコンサートではそんな風景はあまり見られなかったので、ちょっと驚いてしまいました。噂によるとこのコンサートだけで300人以上とすれ違えたとか!すごい!!リッカさんもフル稼働ですね。・・・私はあまり熱心なほうではないので、16人程の方とすれ違うことに成功いたしました。月並みにロッカーを持たせていたのですが、お役に立てて頂けていたなら嬉しい限りですピンクハート

・もちろん序曲で泣きました。今回は9のコンサートだったので、序曲は9のものです。あれって最初にちょっとかっこいい部分がありますよね?あそこ!あの部分で泣きました。はあ・・・あれはもう反則ですよ

・演奏は「京都市交響楽団」。めきめきと実力を確かなものにしている楽団だそうです。都響やN響とは違い、何だか宝石の原石がどんどん輝いていくような演奏でした!!去年に比べてすごく感じたのは弦楽器の素晴らしさ!!イメージとしては何も無い大地に綺麗に草原が広がっていくような、そしてその上にさあっと風が流れているような・・・。とっても安定感のある、素敵な響きでした。対して金・木管楽器は尻上がりに調子を上げていったように感じました。フルートのソロはとても綺麗でしたが、通常戦闘の曲の頭がなんだががちゃがちゃしていたようにも聞こえました。ただ一部から二部、そしてアンコールでは本当に感動させていただきました!!トランペット

・さて、そのアンコールですが今年は4の船の曲とEDの曲。4の船の曲である「海図を広げて」は9でも使われていて、広い海の世界を船に揺られながら進んでいくような横に広がりを感じる曲です。ですが、この曲・・・去年もアンコール曲だったんです・・・ちょっと残念。私の予想では3の洞窟の曲が来るかな、とか思っていたのですが、それに反し最後の曲は「導かれし者たち」。これはこれでもんっのすごい嬉しかったのですが。演奏もここまで来ると、見事なほど調和していて聞き応え満点でした!!泣き

・肝心のすぎやまこういち氏はと言うと・・・。茶目っ気たっぷりで合間合間に笑いを提供していただき、おはなしはおもしろいものでした。まあ宣伝がほとんどだったり、昨年と同じ事を話されていたりという事もありましたが、それは致し方ないこと。もうちょっとだけ曲製作の裏側やDQのお話をして頂けたなら嬉しいな、なんて。指揮棒はとっても楽しそうに振ってられたように見えました。ラスボスの曲なんかでは立って(普段は座って指揮を執られる)大きなアクションで指揮棒を振り回されていて、こちらもどんどんテンションが上がってまいりましたよ!!去年の最後はあっさり終わったのに、今年は何度も舞台に出て来られたりと本当に楽しそうに見えました。DQオタクの頂点に立つDQを創るDQオタク!!永遠に!!!!きらきら1



とまあ、だらだら書きましたが、やはりDQ曲はオーケストラあってこそ!!今年はN響版のCDも復刻されることだし、なんて素敵な年!!来年は6の曲が聞きたいなと期待しつつ、また2010年!!

(写真は中で貰えるパンフレットと販売されていたポスターです。貧乏性の私・・・ポスター開けられない・・・どうしよう)

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad