もう20年か・・・

DQ懐古厨が延々「独り言」を語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ6について語ろうか。ダークドレアム編(妄想超!!強)

さ、いきますかドレアムさん。

ダークドレアムといえば歴代DQボスの中でも、カリスマ的なあの方を除けば、実力ナンバー1ではないかと称される方です。
その力を存分に見せ付けたのは、主人公達にではなく、6のラスボス「デスタムーア」さんにでした。
お陰でデスタムーアさんはしょぼ魔王に見えてしまっておりますが、そんな事はありません!!
デスタムーアさんの名誉の為に(?)しっかり言って置きますが、ダークドレアムが強すぎるだけなのですよ!!決して決してデスタムーアさんは(本当に)弱くありません!!


さて、そんなこんなでそのダークドレアムですが、今回は彼が6のその後どうなったのかを考えてみたいと思います。
ええ、今回は結論から参りましょう。
ダークドレアムはエスターク。
それ以外に考えられません。
いえ、正確に言うとエスタークになる前のなんらかの物の「夢」。
6の世界に存在しなかったのに4の世界には伝説として存在するもの。
マスタードラゴンが封印したとされる、地獄の帝王・・・エスタークです。
4の遠い昔であるとされる6の世界。
そこにはエスタークのかけらもありません。
では、エスタークはどこから来たのか。
天空の武具精製に深く関わっていると思われるエスタークはいつ生まれたのでしょうか。

進化の秘法はエスタークが生み出したとされています。
エスタークはいつから進化の秘法を研究していたのでしょうか。
それは6の時代、いえもっと前から始まっていたのではないでしょうか。
誰も気付かれないほどに、静かに確実に。
6の時代よりさらに遥か昔。
彼は進化の秘法を編み出したのではないかと考えます。
そして、それに手を掛けた。
しかし、進化の秘法は完成していなかったのです。
そう、あの「黄金の腕輪」がなかったために!
不完全な進化の秘法に身を委ねてしまった彼は、それから遥か永い時を眠る事となってしまったのです。
その間に、自我は薄れ、体は異形のものへと変化し、ゆっくりとゆっくりと。
彼はその長い間、何を思ったのでしょう。
・・・全てを凌駕する存在、神に最も近い存在、ダークドレアム。
それは彼の思う進化の形だったのかもしれません。
ダークドレアムはあのデスタムーアを消し去った時、自らも消えてしまったのではないでしょうか。
デスタムーアが滅びた際、一部を除く夢の世界は現実世界からはもう存在しなくなってしまったのです。
そして、ダークドレアムもまた然り。
しかし、エスタークになっていく本体は現実世界に残ったはずです。
彼が目覚めたとき、それこそがエスターク対戦の始まりだったのではないかと思うのです。
その後、彼はまた永い眠りに就くことになっていくのです。



いえ、4、5と結構エスちゃんでば、重要キャラ(?)でしたよね。
やっぱり起源は6に欲しい!!
そんな思いたっぷりな妄想でした。
ありがとうございました。

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad