もう20年か・・・

DQ懐古厨が延々「独り言」を語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクエストSS

クリ×アリSS(七味のクリフト)です。
なんせネーミングが秀逸すぎます!!!
同じシチュでバージョン違いを書くようなSS(?)は初めてなので、何だかドキドキです。
あまり長くなっては読みにくいと思い、クリフトのセリフを七味にしてみました。
・・・一番悩んだのは「親父くさいクリフト」です。どうなの、これ!?(笑)
とりあえず、色々すいません。
めぐぽ。さん、リクエストありがとうございました!!
女の園、といわれるガーデンブルグにやっとの事で入城できたのはもう夕方だった。さすがにその日中に女王様への謁見は適う事無く、各自翌日まで自由に過ごす事になった。
ここには武器屋はないという事を聞いて、私はしょうがなく防具屋でも見に行く事にした。防具を見に行くにはきっとクリフトを連れて行ったほうがいい。そう思いクリフトに声を掛け、私達は店へ向かった。

女性の城、ガーデンブルグのことだけはある。店内に並ぶものはほとんどが女性用。お客さんももちろん女の人ばっかりで、クリフトは店頭で困ったような顔をしている。クリフトにはそこで待ってもらう事にして、店内に入りあれこれ見ていると店員さんと思わしき人が声を掛けてきた。
「当店の一押しはこちらなんですよ~」
そう言って持ってきたのは、綺麗なピンク色の水着みたいな服。
「ピンクのレオタードと言って、当店で一番の防御力を誇る代物なんですよ!!」
「へー。動きやすそう」
「ええ、とっても動きやすいんですよ!どうですか、一度ご試着されます?」
ニコニコと勧めてくる店員さんの笑顔に、私は試着してみる事にした。早速試着室に入り着替える。
「いかがですか~?」
店員さんに言われ、着替え終わった私はカーテンを開けた。
「まあ!お似合いですわ!!」
相変わらずのとびっきりの笑顔で褒められる。でも、こういうのを選ぶときはクリフトに聞くのが間違いない。きっと防御力とかを加味して考えてくれるはず・・・。
「クリフトー!ちょっと来て!!」
店頭で待っていたクリフトが私の声に気付き試着室の前まで来る。そして、私の姿を見て一瞬固まると、こう言ったの。

(こちら↓からお好きなクリフトをお選びください)

一味目・いつもの(このサイトのSS内の)クリフトの場合
「ひっ・・・姫様!!なんて格好を!?・・・え?この店で一番防御力が高くて、動きやすい・・・?そ・・・それでは仕方ありませんが・・・しかし・・・その・・・あの・・・もごもご」

二味目・チャラ男のクリフトの場合
「姫様、マジ似合い過ぎっスよ。マジ半端ネェ!!つか、それホントに防具なんスか!?チョーウケルんですケド!!」

三味目・キザなクリフト場合
「あぁ姫様、本当によくお似合いで・・・。ここガーデンブルグに咲くどんな花よりも姫様が一番お美しい。・・・いえ、お美しすぎて私には天使が姫様を讃える賛美歌すら聞こえます・・・」

四味目・ちゃねらー(2ちゃんねらー)なクリフトの場合
「ちょwwwなんぞソレwwwwwさすがVIP(王族とvip板をかけている)wwwww姫様、それzipでヨロwwww」

五味目・妄想が激しいクリフトの場合
(も・・もしやコレは私の為に選んでくださったのでは!!ココで行かなければ(?)男がすたる!!)
「姫様!!!」がばっ・・・・・ボゴッ!!「ぎゃあああああ・・・・・」・・・キラーンキラン

六味目・乙女チックなクリフトの場合
「姫様・・・!(何、この胸のドキドキ・・・。今までよりもずっとドキドキする・・・。こっ、これがホントウの恋!!??ああ、どうしよう・・・どうしたら・・・・)あ・・・あのっ、そのっ・・・、よく、お似合い、です・・・」

そしていよいよ七味目・親父くさいクリフトの場合
「姫様!女の子は昔から体を冷やしてはダメだと言うでしょう!!ま、でもあれですね。ピンクのレオタードなだけに、も、もう(桃)タマラン!・・・なんちゃって!」


(では続きをどうぞ)
「・・・・・・・・・」
私はクリフトと来た事を少し後悔すると、すぐに試着室のカーテンを閉めた。
結局その後、マーニャとミネアと改めて防具を買う事にした。
二人の勧めもあって「ピンクのレオタード」を買う事にはなったけれど・・・。
私とクリフトのこの一件以来の微妙な関係は私がコレを着ている間中続いて、次にメダル王に「マジカルスカート」を貰う日まで続いたのだった。

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

コメント

こちらこそ、もぅ(桃)、たまらんです!!

an-doさん、こんばんは!!

たった今、読ませていただきました!
ちょwwwおまwww ザラキwwwww むひょーーーー!!!
声をあげて笑わせていただきました!
(あまりに可笑しくて、言葉が出ず、標準語が話せません、ごめんなさぃ・汗)

オヤジクリフト君、、、 ホントに居そうで、困ります、困りますw
鼻の下が伸びきっているであろうことが、
脳裏に浮かんできますよ、、、
阿部さんネタ、乙女くりふとに似合い過ぎて、脳天から何かが突き抜けていきましたし・・・
王族にかけるとか・・・秀逸すぎますw
シチュエーションがハマってて、破壊力抜群、面白すぎますw
an-doさん、ノリノリだね、天才、天才だよ!!
イイヨイイヨー、グリーンダヨーーーー!!!
(再度、ご無礼をお許しください、、、 ぐはッ。←毒針を突き刺してみた。)

ほんと、、 お話書けるの、才能ですよね、、、 大事にしてくださぁい!!
これからも、an-doさんの世界を、見せてくださいね!!
こんなに笑わせていただいて、
そして、リクエストした小説を書いていただいた経験は初めてで、
ほんと嬉しかったですw
ありがとうございました~www(うぃず・はぁと)

  • 2009/11/02(月) 18:41:40 |
  • URL |
  • めぐぽ。 #-
  • [ 編集 ]

Re: こちらこそ、もぅ(桃)、たまらんです!!

めぐぽ。さん、こんばんは!!そしてコメントありがとうございます!!!
と、とりあえず・・・・ちょwww待ってwwwwwザラキはまずいってwwwwww

笑っていただけましたか!!
よかった!必死に親父クリフトに悩んだ甲斐がありましたよ(笑)!!
あんなクリフトが脳裏に浮かんできたり、こんなクリフトが脳天を突き抜けたりして頂けたようで、もうこちらも脳天に何かが直撃しそうな勢いですよ。
ええ、今回はとってもノリノリ天国で、もうノリノリ祭りが開催されそうな勢いでしたよ。
こんなリクエストをくださって本当にありがとうございます。

いえいえ、私のSSなんぞはまだまだ読みにくくて、さっぱりしない表現が多くてどうしようもないんですよ。色々すいません。
これからも誠心誠意、妄想たっぷりで頑張っていきますのでまた是非是非遊びに来てくださ~い!!
いつでも大歓迎、お待ち申しておりますe-328

  • 2009/11/03(火) 23:22:40 |
  • URL |
  • an-do #6facQlv.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad