もう20年か・・・

DQ懐古厨が延々「独り言」を語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリフトについて語る①

4リメイクにあたって、外部要因から最も変更の影響を受けたのは彼ではないでしょうか。
FC時代に於いては、若くてイケメン、頭も良くて女の子にはモテモテ。
唯一にして最大の欠点はザラキ連発。
しかし、それもFCのAIはしっかり学習してくれるので、根気よく教えるとちゃんとスカラやスクルトを使ってくれたものです。
さらにベホマラーは先日も記したように、どう考えてもベホマズン。
はぐれメタル系の武具もフル装備でき、若干の火力不足はあるものの充分すぎる人でした。

ところがドッコイPSになって彼は魅力ある個性を存分に発揮してくれたのです。
まずは、4コマの影響と思われる「高所恐怖症」。
さらにはこれでもか!という程のアリーナへの暴走している大妄想。
お次には過剰な姫へのホイミベホイミベホマラー♪これに至ってはAIの戦闘プログラムにまで組み込まれている(らしい)という徹底っぷり。
プログラムといえばかのザラキも組み込まれているらしいのですが・・・本当でしょうか・・・。
ここまで来るともうへたれっぷり臭がプンプンするのですが、まあ彼にはパーティー内で彼だけしか使えなく尚且つ大切な呪文がありますからね。
それこそザオリク!!
戦闘不能に陥ってしまった仲間の一人を、蘇生し完全回復するそれはもう素敵な必須呪文です。
8のククールなんかそれ要因になっているくらい。
そんな呪文が彼だけ・・・・・ん?
あ、あ、あ、あ、あああああああああああ・・・・・。
だから六章なんていらないんだ!!
生き返るのはシンシアでいい!・・・それもどうかと思うけど。
と、とりあえず何であのふんどしがザオリクを使えるのかと!!小一時間!!!
もう、許さん!!!!!
勇者よ、やっておしまい!


はぁはぁ・・・・、話が脱線したところで今回は終わりにします。
まだ語りきらない事が山のようにありますので、まだ独り言は続きそうです。

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad