もう20年か・・・

DQ懐古厨が延々「独り言」を語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リメイク5のBGMは夢でした。

DQは音楽CDもたくさん発売されています。
ゲーム音源そのままのものや、ピアノアレンジ、エレクトーンアレンジなどなど多様です。
中でも中心的なものはオーケストラバージョンです。
DQ音楽を手がけるすぎやまこういち氏は、オーケストラはフランス料理のフルコースだと例えるほど高く評価しており、その言葉どおり音楽知識の無い私でもCDを聞いただけでもひどく感動しました。

DQオーケストラは全国でも色々な楽団が演奏されていますが、私はやっぱりNHK交響楽団の演奏するものが一番好きです。
最近発売しているものは東京都交響楽団のものが中心です。
わかってはいたのですが、DSで発売中の4・5の序曲は都響の演奏でした。
ちょっと残念。
都響がどうのとかいうわけではなく、ただN響のが好きなのです。
まあ、ビアンカとフローラみたいなものです。
N響のあの落ち着き感が好きなのです。
先述しましたが、私には音楽知識はほとんどありません。
ですので難しいことは分かりませんが、聞いていて違和感が一つもないのです。
プレイする人によって印象やイメージが多少変わってくるDQ。
その全てどれでも受け入れてしまいそうなそんな感じなのです。
ずっと聞いていても留まることなく澱むことなく、たださらさらと流れていく、それが私のN響バージョンです。
DQ音楽はゲーム音楽なので、もちろん聞いていて飽きるようではきっと問題だと思います。
フィールドを歩くとき、洞窟を探索するとき、モンスターと対峙するとき。
もしかすると何ループもする場合もあるでしょう。
ずっと耳に残るよりは、その音楽が流れていることが自然である方が私はいいように思います。
そして、その音楽をふと聞いたときにDQの世界が目の前に広がるような。
私のイメージするDQ音楽がN響を聞いたときに、ぴったりとはまりました。
すぎやま氏がN響の指揮を執られた際に「馬なり」だと言われたそうです。
私のような素人を感動させ、これしかないと思わせる。
日本最高峰を誇るNHK交響楽団の歴史や技術、全てがそうさせているのかも知れません。
ただ、私にはDQ音楽にはN響が一番なのです。


余談でいてどうでもいい事ですが、DQオーケストラの有名どころ、三大楽団は携帯電話会社大手3社に似ていそうです。
歴史は深く、業界の重鎮でもあるNHK交響楽団。
先進力があり、力があふれる東京都交響楽団。
全く違う切込みから新たな境地を開くロンドンフィルハーモニー。
ね、なんか似ているでしょう?

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad